日がな一日、樹上にぶら下がってのんびり生きているように見えるナマケモノですが、環境に順応するべく進化を遂げるのが生き物の在り方としたら、なぜナマケモノは怠惰で退化のようにも見える行動を見に付けたのでしょうか。

その疑問に迫ります。

ナマケモノは賢く進化した?

ナマケモノ 進化 なぜ

ナマケモノはとても賢い動物です。なぜなら彼らは無駄な動きによって体力を消耗することがないようにと、エネルギーを上手に蓄えながら暮らしているからです。

ナマケモノは新陳代謝が活発ではありません。体温調節がうまく出来ず、消化器官も活発ではありません。その上、主食にしているのは『セクロピア』と云って、毒素が非常に強い植物です。この毒素を分解するのには長い時間を費やします。平均して食べ物の消化に掛かる時間は、何と16日間もの長い日数です。日がな一日樹上にぶら下がっている理由のひとつには、無駄な動きに体力を奪われないよう、体力を温存しながら消化を促すための策なのです。

ナマケモノの怠惰にも見えるのんびりとした姿には、無駄にエネルギーを消費しないという賢い理由があったのですね。

生存競争に勝ち抜くために怠け者になった?

ナマケモノののんびりとした動作には、俊敏な動きによって目立つ動物とは異なり、敵から見つかりにくいというメリットがあります。

また、ナマケモノを覆う毛皮には、森林でカモフラージュになる苔や藻が生えていますが、これは重要な保護色の役割をしてくれています。突然の空からの襲撃から身を隠すにも好都合です。

スポンサードリンク

主食にしている『セクロピア』は毒素が強く、ナマケモノ以外の動物は好みません。そのため、他の動物と餌の取り合いになることがありません。

ナマケモノは排泄時にわざわざ樹から降りて用を足すことが知られていますが、この習性も敵から自分の居場所を特定されにくいというメリットがあります。

ナマケモノに備わったこれらの珍しい特徴は、生存競争に勝ち抜くために進化を遂げた姿の現れだと云えるでしょう。

まとめ

ユーモラスな姿が私達の心を捉えるナマケモノですが、その行動にはきちんとした進化の意味があったのですね。

人間にも例えることができるナマケモノの賢さを、私も見習いたいと思います。

俊敏に攻めるのではなく、静かにのんびりと、時には人々の笑いも誘いながら平和に暮らすことができたら幸せですね。

スポンサードリンク