ナマケモノの赤ちゃんの動画や画像を見ると、びっくりする様な可愛さですよね?!小さな体でも、しっかりぶら下がる姿を見ると、思わず応援したくなります!つぶらな瞳、にっこり笑っているような口元、眠っている姿も可愛いらしいです!

そして、実は鳴き声はとってもキュート!と話題なのですよ〜!「きゅー!」と子ネコのような鳴き声を上げるナマケモノの動画も御座いますので気になる方はぜひ、探して見て下さい♪ナマケモノの声にも個性があるみたいで、低い声で鳴く子もいるみたいです。

かつてナマケモノを飼った人によれば、1度寝食を共にするとその魅力に取りつかれるのだとか・・・

そんな『魅惑の動物ナマケモノ』をもしも飼うとしたら、オスかメスか分からないと、名前の付けようもありませんよね?

ナマケモノは割とすぐに人間に馴染んでくれる動物です。すぐに人間に抱きつくところは、密林に住む珍獣とは思えないほどです!一緒に暮らす動物としてもお勧めしたいところですが・・・
素人目ではオス・メスの違いは分かりませんよね?

そこで、オスとメスの違いについて、ちょっと調べてみました!

ナマケモノの生態・外見

ナマケモノ オスメス違い

ナマケモノにはフタユビナマケモノ科とミユビナマケモノ科があり、フタユビナマケモノは見た目の判断でオスとメスの判断が難しい動物です。

判断の仕方

最近では分子生物学的(DNA)鑑定やX線撮影で頸椎の数で判断するそうです。

性的単形性

ほかにもジャイアントパンダ、ハイエナも外見だけでは性別判断が難しい哺乳類だそうです。このように外見からオスとメスを区別し難い、つまりオスもメスも同じような姿をしていることを性的単形性といいます。または、『雌雄同型』とも呼ばれています。

今回はミユビナマケモノのオスとメスの違いについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

オスの特徴(ミユビナマケモノ)

背中の黒いスジがはっきりしている個体。

メスの特徴(ミユビナマケモノ)

背中のスジがはっきりしていない個体。

まとめ

ナマケモノには見た目だけではオスとメスの区別が難しい種類がいます。

人間だって男女の区別が難しい時代ですから、ナマケモノの世界が特別という訳ではないですよね!

動物園などでナマケモノに会う機会がありましたら、ぜひオスかな?メスかな?と当ててみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク