世界には120万種類以上もの生物がいて、まだ未発見の生物も700万種類以上いると言われています。そして、それらの生物は1年に4万種類というスピードで絶滅しているそうなのです!そんな厳しい自然界の中で、よくナマケモノが生き残ってこれたなぁ。。。と率直な感想を抱く方も多いかと思います。

ゆっくりした動きのナマケモノ・・・彼らにも秘策の生き残り方法があるのかもしれません!?私たちが知らないだけで、特別な敵との戦い方があるのかもしれません。

そこで、ナマケモノの抵抗の仕方についてちょっと調べてみました!

ナマケモノの抵抗の仕方

ナマケモノ 抵抗

ナマケモノが地上で敵に遭遇した際に、必死の抵抗を試みた結果・・・力を使いすぎて疲れて倒れてしまうということがあります。ナマケモノは身体の構造上、地上で俊敏に動き回ることは出来ません。1時間かけて動き続けても、約100メートル程しか移動できません

地上最弱レベルなナマケモノは、自分が肉食動物に襲われて、もうダメだ!という時に見せる最後の行動があります・・・それは「全身の力を抜くこと」です。これは助かろうとしている行動ではありません。少しでも苦痛を少なくするために無駄な抵抗は一切しない、というものなのです。

ちなみにナマケモノにはほとんど筋肉がない上に、脂肪も少ないので大きさの割に体重は5キロ程度しかありません。

スポンサードリンク

まとめ

ナマケモノの抵抗の仕方は、何とも潔いと言うか・・・もしも自分だったら、そんな風に達観できるだろうか?と考えてしまいますね。ナマケモノは他の動物たちと戦うという事をしません。他の生き物と共存し、暴力を使わずにありのままの姿で生き続けています。

ナマケモノの写真などを見ると、どれも笑っている顔に見えますよね〜。いつも笑顔が絶えない人は周囲を明るい空気にしてくれます。ナマケモノが会社や学校に居たら・・・もっと笑顔が増える場所になるかもしれませんね〜。

噂では「ナマケモノ・セラピー」なるものもあるらしいのです!犬が入院患者のセラピー役になったり、猫との生活でα波の分泌によって色々な効能が期待されています。「ナマケモノ・セラピー」もあながち嘘ではない気がします。

現代人の悩み〜ストレス障害や睡眠障害、精神疾患など、私たちに足りないものを補ってくれるのが動物たちなのかもしれません。そして、もしかしたらナマケモノは究極の平和主義者なのかもしれませんね!

スポンサードリンク