のんびりとした姿で癒してくれる可愛いナマケモノ。木にしがみついている姿がとてもかわいらしく見えてみる人を癒してくれます。

ナマケモノの歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

ナマケモノの生態と歴史について

ナマケモノ 歴史

ナマケモノの生態や、その歴史について調べてみました。
珍動物と言われているナマケモノですが、実に興味深いです!

ナマケモノの生態や特徴について

ゆったりとした動きをすることから「ナマケモノ」と言う意味で名前が付けられました。

でも、ほんとに怠けているわけではないのです。

ナマケモノの体長は約41〜74cmで、体重は4〜9kgです。1日に20時間は寝ると言われているのが特徴です。

野生のナマケモノは10〜15年の寿命だと言われていますが、動物園では30年は生きることが出来ると言われています。飼育下では、ナマケモノの天敵はいないため、捕食される心配はありません。

気温や湿度に気を付けて飼育をするようにしましょう。

ナマケモノはどんな風に生活しているの?

ナマケモノは1日のほとんどを寝て過ごしていると言われています。排泄をするときには唯一木から降りて生活をすると言われていますが、それ以外は基本的には木にぶら下がって過ごしていると言われています。

スポンサードリンク

睡眠から、交配、出産までもをぶら下がった状態で行うのはある意味器用だなと思います。

ナマケモノは動きが遅いですが、あまりにも動きが遅すぎて、天敵に見つかりにくいといった利点もあります。

ナマケモノの歴史

ナマケモノの先祖は「メガテリウム」と言う動物です。クマのような外見の巨大生物と言われ、史上最大のナマケモノだと言われています。骨格や尻尾など、すごく立派なのですが、動きは緩やかで、草食系だったと考えられていますが、その一方では肉食系だったという説もあります。

まとめ

ナマケモノは、クマ科の動物の仲間のようです。いまのナマケモノは程よい大きさですが、ナマケモノの先祖は巨大な大きさだったようです。

緩慢な性格は先祖に似ていますが、先祖は肉食だったのではないかと言う説も言われています。

スポンサードリンク