ナマケモノは一生のほとんどを気にぶら下がって生活をし、なかなか動くことはありません。動作も非常に鈍く、あまり動かないことから「ナマケモノ」と呼ばれるようになったのです。

ナマケモノはどんな性格をしているのでしょうか。

ナマケモノの生態とその性格

ナマケモノ 動物 性格

ナマケモノは英語でもSlothと言われており、「怠惰」と言う意味があります。
名前からして、怠け者な性格をしているナマケモノですが、その生態についてまとめてみました。

ナマケモノは気を付けないと餓死してしまう

ナマケモノはあまり餌を食べません。主食は植物で、ぶら下がっている木の葉を食べています。

フタユビナマケモノの場合は、毎日餌をあげなければいけないと言われており、リンゴやバナナ、ソーセージなどを好んで食べると言われています。

ナマケモノは餓死してしまうという話もよく聞きますが、実は食べるのを怠けて餓死しているのではなく、消化不良で餓死してしまうのです。ナマケモノはアマゾン出身の動物で、高温多湿の環境を好みます。気温の低い場所に長時間いることにストレスを感じてしまうと言われており、消化不良になってお腹がいっぱいの状態でも餓死してしまうのです。消化に時間がかかってしまうために餓死してしまうこともあるので、ナマケモノが生活する環境にはしっかりと配慮しなければいけません。

ナマケモノの毛の色について

銀灰色をした毛のナマケモノですが、この色なのは木の色と同化することによって、敵から身を守ると言われています。

スポンサードリンク

ナマケモノが寝る時は顔をうずくめるようにして寝るので、目の周りの茶色が見えなくなり、しっかり木と同化することが出来ると言われています。ナマケモノの毛の色にもしっかりとした意味があったんですね。

まとめ

ナマケモノの生態を見てみると、すごく珍しくて面白いことが分かります。

ナマケモノをペットとして飼う際には、気温や湿度には特に気を付けなければいけないことも分かりますね。

ナマケモノは一生のほとんどを木にぶら下がって生活していますが、その性格については謎です。

しかし、エネルギーを蓄えるためや、消化不良で餓死してしまうなど、体の構造に意味を持っていることが多く、ただ怠けているわけではないことも分かります。

スポンサードリンク