ナマケモノはほとんど動くことがないという特徴を持ったことから、怠けているという意味でつけられました。

しかし、出来るだけ動かないことで外敵から身を守っているとも言われています。

ナマケモノの大きさや特徴はどのようなものなのでしょうか。

ナマケモノの特徴とその大きさについて

ナマケモノ 大きさ 特徴

アマゾンが生息地のナマケモノはミユビナマケモノとフタユビナマケモノに分類され、一般的にはフタユビナマケモノが動物園で飼育されていたり、ペットとして飼われています

ナマケモノの大きさや特徴

ナマケモノの体長は60〜70cm程度で、体重は4〜9kg程度です。

非常に珍しい動物だと言われているので、一般に飼育するのは難しいのではないかと言われていますが、設備が整っていれば意外と簡単に飼育することが出来ます。

日中はほとんどぶら下がって寝ていることが多く、夜行性なのでナマケモノは夜になると餌を食べるなどして活動するのです。木から降りるのは、唯一排泄をするときだけだと言われています。

可愛らしく、人懐っこいため、癒し系のペットとしてもすごく親しまれています。

スポンサードリンク

ナマケモノの生態について

ナマケモノは、他の動物のように競争をすることをしません。ひたすら隠れて外敵から身を守っています。できるだけ動かないようにして、エネルギーの無駄をなくし、食物もあまり食べません。

ナマケモノの他の動物にはない変わった世界観は魅力の一つとして言われています。夜行性特有の目もすごく可愛いと言われています。ナマケモノの自由気ままな姿は、見る人にとって癒し系になっているのです。

まとめ

ナマケモノの大きさは成長していくにつれて大きくなっていくので、ずっとケージの中にいるとストレスを溜めてしまうようです。ケージも普通の小動物用のものでは足りません。

また、熱帯雨林に生息するナマケモノは、高温多湿が好みです。乾燥した環境でなく、しっかりと加湿できる環境でナマケモノを飼育しましょう。

そして、ぶら下がることが出来る木の用意もすごく重要なのです。

スポンサードリンク