ナマケモノはゆっくりとした動きから「ナマケモノ」と言う名前が付きました。
他の動物とは違う生態のナマケモノですが、どんな生態をしているのでしょうか?

ナマケモノの生態とどのようにして繁殖をするのか

ナマケモノ 生態 繁殖

ナマケモノは一生のほとんどを木にぶら下がって行います。
繁殖をするときはどのように行うのでしょうか?

ナマケモノは本当に怠け者なの?

1日の20時間位はほどんど寝て過ごすナマケモノ。動きも非常にゆっくりとしていることから、「ナマケモノ」と言う名前が付きました。

ナマケモノの荒い毛は雨や洪水の多い熱帯雨林の中で体が冷えてしまわないように、早く乾くように作られています。

ナマケモノには、2本の鉤爪のフタユビナマケモノと、3本の鉤爪のミユビナマケモノがいます。長い鉤爪を使って、木の枝に引っ掛けてぶら下がります。ナマケモノは命を落としても、握力が弱まることはありません。木の枝につかまったまま、命を失っていることもあるのです。

代謝率は低く、エネルギーを温存するため、ナマケモノの動きはゆっくりだと言われています。

ナマケモノの暮らし

ナマケモノは夜行性で1日の20時間ほどはほとんど寝ています。夜になると活動をはじめ、餌を食べています。

雑食性の動物で、餌は主に木の葉っぱや植物の目、木の実や果実などを食べており、水分は果汁で水分補給を行っているようです。あまりエネルギーを使わないように、必要最低限の食べ物と動きで効率よく生活をしているようです。

スポンサードリンク

ナマケモノが地面に降りるのは排泄をするとき以外にはありません。地上では、ほふく前進で進みますが、かなり遅いスピードで進みます。

地上ではゆっくりとした動きをしますが、意外にも泳ぐのは得意のようです。

ナマケモノの繁殖について

ナマケモノはどのように繁殖をするのでしょうか。すごく気になる人も少なくはないと思いますが、実は交配も出産も木の上でぶら下がりながら行うのです。すごく器用ですよね。

産まれた子供は、約1か月程は母親につかまって移動をするようです。

まとめ

全体的にスローなナマケモノですが、泳ぎは得意とします。

そして、繁殖に関しては結構早いようです。

排泄以外の生活のほとんどを木にぶら下がりながら行うのはすごく器用です。

スポンサードリンク