ナマケモノを飼育する際には湿度や温度はすごく重要になると言われています。

ナマケモノが好む湿度や温度について調べてみました。

ナマケモノの飼育に理想的な湿度や温度

ナマケモノ 飼育 温度 湿度

ナマケモノの飼育方法には、理想的な湿度と温度を作ってあげることが重要だと言われています。

ナマケモノの理想的な環境と注意点について

ナマケモノはアマゾンに生息する動物です。アマゾンでは高温多湿なので、飼育する際には理想的な気温と湿度を作り上げることが必要だと言われています。

気温は30℃前後、湿度は70%くらいが理想とされています。人間からするとかなり過ごしにくい環境ではありますが、ナマケモノは元来熱帯雨林に生息している動物なので、特に極端に湿度が少なくなることにストレスを感じます。

湿度が低かったり、気温の低い環境に長時間いると、ストレスを感じるだけではなく、消化不良を起こしてしまい、お腹がいっぱいの状態でも餓死してしまうと言われています。

ナマケモノが餓死しないためにも、気温や湿度の管理はすごく大事なのです。

スポンサードリンク

ナマケモノを飼育するには専用のお部屋が必要

ナマケモノにとって理想的な環境は、30度前後の気温と70%程度の湿度です。人間にとっては居心地のいい環境ではないので、ナマケモノを飼育する際には、ナマケモノ専用の部屋を作ることが重要だと言われています。

湿度が低下しすぎることが最大のストレスだと言われているので、ナマケモノ用にエアコンなどの設備が万全な部屋にしておくと良いですね。

運動させすぎると、エネルギー不足で命を失ってしまう恐れもあるので、一緒に遊ぶことはできませんが、生態を観察して楽しむペットとしておススメです。

まとめ

ナマケモノにとって理想な温度は30℃前後、湿度70%程だと言われており、高温多湿な空間を好みます。

ナマケモノを飼う時には、ナマケモノように設備の整った部屋を用意する必要があります。

湿度が低いとストレスがたまり、消化不良を引き起こしてしまう場合があります。また、あまり運動させすぎると、エネルギー不足になって命を失ってしまうこともあるので、気を付けなければいけません。

スポンサードリンク