ナマケモノと言う動物はご存知ですか?

クマ科の動物で、鉤状の爪で木の枝にぶら下がり、ゆっくりとした動作をし、柔らかな木の葉っぱや芽を食べています。

ナマケモノは英語では何というのでしょうか?漢字ではどのように書くのでしょうか?

ナマケモノの漢字の由来について

ナマケモノ 英語 意味 漢字 由来.txt

ナマケモノは漢字で書くとどのような感じになるのでしょうか?

その由来について調べてみました。

ナマケモノの漢字とその由来

ナマケモノは漢字で「懶熊」と書きます。ナマケグマとも読みます。

「懶」の漢字には、ものぐさ、怠る、ものういという意味があり、木にぶら下がるものぐさな動物で、「ナマケモノ:懶熊」なのです。

ナマケモノといった性格からは想像できないような可愛らしい顔をした動物です。湾曲した爪を使い、木にぶら下がることが可能で、その姿を見ると怠け者を連想させることからナマケモノの名前の由来だと言われています。

ナマケモノを英語で言うとどんな意味について

ナマケモノは英語で言うとどのような由来のある英語になるのでしょうか?

スポンサードリンク

ナマケモノの英語の由来

ナマケモノは非常にゆっくりとした動作なので、英語名でもSloth(スロース)と言われており、Slothという単語には、怠惰、ものぐさを意味します。

非常にゆっくりとした動作で動き、非社会性動物であることから、オウギワシによって簡単に捕食されてしまうと言われています。

地上での動作はものすごくゆっくりとしていますが、泳ぎはすごく上手だそうで、少し想像できませんね。ナマケモノの生息地はアマゾンで、アマゾンはしばしば洪水になるので、泳げないと生きていけないのです。

まとめ

ナマケモノには漢字で書いても英語で書いても、怠けるという言葉が付けられています。

地上ではゆっくりとした動きしかできませんが、泳ぎは非常に上手なのだとか。生息地はアマゾンなので、洪水の中でも生き延びていくようにと泳ぐのが自然とうまくなるのではないでしょうか。

オウギワシは天敵のような存在で、捕食されやすいと言われています。

スポンサードリンク