野生のナマケモノと飼育されたナマケモノには寿命の違いがあるのでしょうか。
ペットとしてどれだけの寿命なのか調べてみました。

ナマケモノの特徴と寿命について

ナマケモノ ペット 寿命

ナマケモノの特徴や寿命はどのようなものなのでしょうか。

ナマケモノについて、調べてみました。

ナマケモノの大きさや寿命について

日本でナマケモノを飼育している人は少数ですがいると言われており、主にフタユビナマケモノと言う種類のナマケモノです。

ナマケモノの体長は60〜70cmで体重は4〜9kg

野生のナマケモノの寿命は10〜15年だと言われていますが、飼育下のナマケモノは30年と長寿です。

ゆっくりとした動きが特徴のナマケモノは、筋肉が少ないため、あまり速く動くことが出来ないと言われています。1日のほとんどを木の上にぶら下がった状態で過ごしていると言われています。夜行性で、ほとんど夜にならないと動かないと言われているのですが、1週間に1度排泄をするために一度木から降りてくると言われています。

スポンサードリンク

ナマケモノの生態について

野生のナマケモノは、主に葉っぱや木の実などを食べて過ごすていますが、飼育されているナマケモノは、バナナやリンゴなど野菜や果物を食べています

哺乳類なのですが、気温によって体温が変化する変温動物なのです。

多温多湿の環境を好み、低い気温に長時間いると、栄養を吸収するエネルギーを節約してしまうため、消化吸収が上手くいかなくなるのです。その結果、お腹が満腹な状態でも餓死してしまうことがあるのです。

まとめ

ナマケモノは野生で生活しているよりも、飼育されている方が2倍ほどの長生きをするようです。餌として狙われる心配がないからなのでしょうか。

ナマケモノは、運動をし過ぎると命を落としてしまうと言われているので、一緒に遊ぶことはできませんが、じっと観察を飼育うちに、ナマケモノの動きに、不思議と魅力に感じてしまうのです。海外ではすごく人気のある動物ですが、日本でもその人気は徐々に上がってきているようです。

スポンサードリンク